日本らしさの代表格浅草で宿をみつける

外国人観光客を魅了している東京の観光スポットの代表格とも言えるのが、浅草です。

浅草は東京の下町であることから、独特の文化を形成しているため、外国人から見て面白いと思えるような文化が多数残されているのです。そのような状況の中で需要が伸びているのが、日本文化を体験することが出来る旅館です。古き良き日本の文化を残す旅館は、最近では東南アジアからの観光客の人気の宿となっています。料金も5千円台と手頃で、中には朝食付きの宿もあるため、お得に利用できてしまうのです。

畳の部屋でごろりと横になってくつろいだりすることも、貴重な日本文化の体験の場となっています。朝食も日本の和食なので、旅館に泊まりながら日本を体験することが出来ると、ガイドブックなどでも浅草の旅館が特集されるなど話題を集めているのです。ホテルに泊まることは確かに快適さを求める上では最良の選択肢かもしれません。

しかしながら、外国人旅行客たちは、日本でしか体験できないことを宿に求める傾向が強く、その結果、浅草の旅館が選ばれているのです。浅草という場所は、東京観光へ出かける上でも好立地であるため、ここを拠点にして様々な場所へ足を運ぶ外国人観光客が多いです。上野公園も徒歩でアクセスできるので、晴れた日には歩いて散策するのもまた楽しみの一つです。街を歩くことで、東京の地理にも詳しくなるので、時間が許すのであれば、ゆったりと散策を楽しむのも良いでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *