浅草の宿の特徴について

今では世界を代表する観光地となっている東京浅草ですが、日本全国から訪れる観光客や世界各国からやって来る観光客をもてなすために宿泊施設も多く存在しています。

日本に古くからあるような、日本の歴史を感じさせるような旅館や民宿も数多く残っていますが、最近では駅前の再開発が進み新しい宿泊施設が多くなって来ているのが現状です。そのような浅草の宿泊施設の特徴としては、外国人観光客が多いため多国語に対応可能なスタッフが多くいます。日本人スタッフはもちろんですが、日本語も話せる外国人スタッフを多く雇用している施設も多いです。

日本人観光客だけではなく、海外からの観光客をメインターゲットにしています。世界中からやってくる外国人観光客が、日本の文化を楽しめるような体験コースなどのツアーを企画している施設も多いです。浅草という土地柄祭りなどのイベントが多く、浴衣体験やお神輿体験など、実際に日本文化を体感出来るようなものが多い傾向にあります。

下町の人々の性格から外部の人たちを優しく迎え入れる風土が備わっているのも、そのような体験コースなどが上手く行っている理由でもあるでしょう。外国人観光客も日本人観光客と違って積極的に現地の人と交流をはかろうとする人たちが多いのも特徴でもあります。外国人観光客をもてなす日本人の商売人の文化も古くから受け継がれてきたのだと思われます。歴史のある街ならではの文化だと言えるでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *