浅草に行ったらきびだんごは是非食べてみよう

旅行先として大人気の浅草では、きびだんごを味わうのがおすすめです。

このエリアには有名なお寺をはじめ、懐かしい雰囲気のある遊園地や寄席など見所が多いので、連日多くの人でにぎわっています。地方から東京へ観光に来た人は浅草に行くことが多いと考えられますが、その時にはきびだんごを是非おやつとして食べてみてはいかがでしょうか。このエリアには、和菓子やおせんべいなどをお店で買ってすぐにその場で食べられるというスポットが多くあります。

そのため、下町の雰囲気が残る街並みを歩き回りながら、あちこちで買い食いを楽しむという遊び方をする人も多いようです。そんなちょっとしたグルメを楽しむ旅をするなら、浅草寺の仲見世にあるきびだんご店は外せないスポットになります。ここで買えるおだんごは江戸時代から門前で売っていたものを再現したと説明されており、実演販売されているので作りたてを食べられるのが嬉しい点です。

浅草名物のきびだんごは5本セットで売られていますが、小ぶりな大きさなので一人旅でも充分食べられるでしょう。いつも行列ができているというほど繁盛しているお店ですが、手際良く販売されているため、そんなに待たなくても食べられることが多いようです。きな粉がたっぷりとかかったおだんごは、お店の横にあるスペースですぐに食べることができます。仲見世通りは歩きながら物を食べてはいけない場所なので、そのスペースで食べてしまうことが大切なポイントになります。浅草のきびだんご屋さんでは冷し抹茶も注文できるので、セットで和風の味を堪能して元気をチャージしてからこのエリアの観光を楽しんではいかがでしょうか。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *