浅草の名物きびだんご

きびだんご・人形焼き・あげまんじゅう・雷おこし・芋ようかん・おかき等、訪れた際はぜひ食べたい食べ歩きにぴったりな名物スイーツがたくさんある浅草、中でも江戸時代に仲見世に実在したきびだんごを実演販売で再現し、粋なにいさんと下町娘が作る様子を見ることができるお店もあるほど、昔からきびだんごは浅草を代表するスイーツで、夏は冷やし抹茶、冬は甘酒と一緒に食べるのもおいしいと好評です。

浅草寺の参拝後は約250m続く仲見世通りを見て、名物グルメを楽しみ、散策するのも楽しいものです。その際、できたての香ばしいきな粉がたっぷりかかったきびだんごを食べて散策するとより浅草らしさを満喫することができ、小さめなので食べ歩きもしやすくなっています。

お店に立ち寄ると行列ができていたとしても、イートインでも立って食べるなど回転も非常に速いので、思ったほど待たずにできたてのきびだんごを手にすることができます。食べ歩きもよいものですが、店内で食べられるお店で、店内の雰囲気を味わいながら食べるのもまた違った魅力があります。

お土産や宅急便での注文ができる店舗もあり、家族や友人、または自分用に買って帰る人も多くいます。お土産用の冷蔵用は約1分間ゆでることで、自宅でもできたての味をあつあつのうちに楽しむことができます。自宅で浅草の旅を思い出しながら好みのお茶をいれて、家族や友人と旅の思い出話をしながら食べるのも違った楽しみ方ができるものです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *