浅草から地方を伝えるまるごとにっぽんのイベント

浅草は老舗の味や若い感性の入り混じる街です。

老若男女を問わず一度は訪れてみたくなる東京観光の人気スポットです。2015年12月に浅草寺近くにオープンしたのは新ランドマーク・まるごとにっぽんです。ここでは各地から訪れる人々に日本全国の食・工芸・文化に触れることが出来ます。まるごとにっぽんのコンセプトは地方創生です。各国各地から観光客の集まる浅草はまさにうってつけの玄関となるのです。日本文化に馴染みのない外国人に限らず新しい物好きの日本人にとっても新鮮なスポットとなるようクオリティの高い店舗が軒を連ね様々なイベントが催されます。

毎月第2水曜日は全国各地の新鮮な海の幸や山の幸が楽しめる「まるごと朝市」を開催しています。生産者本人と話しをすることができ、レシピのアイデアや食材の調理法を聴くことができます。普段のスーパーでは見かけない食材にチャレンジするといった新たな食の発見を体験出来るのも楽しみ方のひとつです。まるごとにっぽん店舗「蔵」には元蔵人・女性利き酒師が常駐しており、利き酒会やお酒の勉強会といったイベントが不定期で開催されてます。

日本各地の地酒をより美味しく飲むことが出来ます。家族連れやカップルで楽しめるのが手作りイベントです。過去には、職人の作ったダルマを自由にアレンジするはっぴーだるま作りや縫わずに簡単に出来るかわいいがま口作りなど写真映えバッチリなものばかりです。今後も各地工芸品を手軽に体験出来るイベントが開催されます。大切な人との思い出作りに一役買ってくれること間違いなしです。みなさんもぜひ浅草から地方を体験してみましょう!

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *