浅草とスカイツリーの関係性

古くから人気の観光地であった浅草ですが、最近では東京スカイツリーの開業により再び注目を集めるようになりました。

スカイツリーは墨田区にあり、浅草は台東区なのですが、隣の区なので地理的にも非常に近い関係性にあります。浅草の街中からスカイツリーを眺められるスポットはたくさんありますし、大きいので夜には特に非常に目立つ存在です。雷門通りや合羽橋通りからは、街の景色と同時にスカイツリーが眺められるような位置関係になります。古くからあるノスタルジックな街並みと最新技術を盛り込んだ建造物とが作り出す風景は、東京の時代の変遷を象徴するかのような感動的な眺めです。

隅田川沿いに移動すれば、川とアサヒビール本社とともにその巨塔を見ることができます。非常に美しい光景なので人気の写真スポットですし、日本人・外国人を問わずいつも多くの方で賑わっている場所です。また、浅草とスカイツリーは電車で移動しても2駅という近さなので、同じ日に観光して回るという方も多いと思います。

路線バスでも移動することが出来ますし、気候がよければ歩いても良いでしょう。大人の足で30分ほど歩けば、その両観光名所を繋ぐことが出来ます。レンタサイクルなどを活用するのも面白いものです。このように、地理的に近いために素敵な風景となったり観光にも便利な両観光名所は、時代の流れとともに変わってきた東京を象徴するかのような雰囲気を携えています。これからも更に発展していくであろうこのエリアから、目が離せません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *