実は身近にある消泡剤

消泡剤はポピュラーなところでは、豆腐に使われている食品添加物として、ひそかに知られているものです。ツルツルなめらかな、あの舌ざわりには必須なものなのです。言うまでもなく豆腐の材料は大豆ですが、その大豆に含まれる成分サポニンのために豆腐を作る過程においては大量の泡が発生。サポニンは水に溶けると泡立ってしまう性質があるためです。

その気泡だらけをを消泡剤の働きで消すのです。また衛生面からも気泡だらけはよくありません。その分、空気に触れる面積が多くなるので傷みやすく、日持ちも悪くなるためです。できた泡を消したり、泡ができるのを防いだりする消泡剤は、これといって人体に害もないので、効率的な豆腐の生産には欠かせないものとなっています。

その他、日用品では化粧品や洗剤にも使われていますし、工業の分野や排水処理の場でも活用されていることは、あまり目立って知られているものではありません。しかし気泡によって工業分野でも品質が低下してしまったり、環境面でも泡で排水口が溢れてしまったりと決して良くないので大変、優秀で有効な代物なのです。消泡剤には、オイルタイプ・溶液タイプ・エマルジョンタイプ・自己乳化タイプなどのシリコーン系、ポリエーテル系、アルコール系があります。製造する過程で又、製品自体にも泡が残ってしまわないほうが良い場面というのは実は多々あり、消泡剤は縁の下の力持ちとして私たちの生活を支えています。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*