消泡剤の特徴や仕組みとは

消泡剤は名前のように泡を消す薬剤のことで、正確には発泡性のある液体に添加することによって、発生を抑制する薬剤を指します。消泡剤の基本的な仕組みは、液体が薄い膜を形成して空気を包み込む阻害作用で、表面張力や泡の粘性に影響を与えるのが特徴です。膜の表面に不均衡な部分を作り出し、泡の状態を不安定にすることで発生を防ぐというのが主なメカニズムとなっています。作用には破泡と抑泡、脱気といったものがあり、破泡は薄膜の破壊を引き起こすことで消泡を実現していますから、物理的に発生が阻害されるので強力です。

抑泡は発泡性の液体に成分を分散させることにより、薄膜が形成されるのを防いで泡の発生を阻害するので、とても効果的だといえます。消泡剤は膜を不安定にさせたり、安定した状態になるのを防ぐことによって、液体の泡立ちを防ぐのが基本的な作用です。作用にはもう1つ、気泡同士をくっつけて破壊を引き起こす、脱気という作用を併せ持ちますから、単純なようで実は高度だと分かります。脱気はお互いを引き寄せて繋げる接着剤のようなもので、あえて大きく成長させることで液面へと上昇させ破泡させます。

消泡剤の成分にはオイルタイプや活性剤タイプがあり、高級アルコールなどを乳化分散させたエマルションタイプもあります。成分が違えば適材適所も変わってきますが、主に排水や塗工などの場面において、用途に合った成分と性能の製品が使い分けられています。消泡剤のことならこちら

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*