胃カメラと消泡剤の関係について

消泡剤とは泡(気泡)の発生を抑えにくくしたり、発生しにくくさせたり薬剤です、日用雑貨や食品などいたるところで使われており、直接見たり、触れたりする機会はほとんどないでしょう。医療用でも実際使われており、胃カメラの前準備に使います。多くの人があまり見たことのない液体ですので現実的に知らない方がほとんどです。カメラで胃の内部をみると気泡がたくさんあり、詳細に調べることができません。

泡が邪魔をしてしまい、画像がよくないのです。そのため前準備に消泡剤を飲みます。無色無臭の液体で飲んだ後に吐き気をもよおしたり、吐いたりする方がいます。そのくらいおいしくないものです。

コップ1杯の消泡剤を飲むと胃カメラの撮影が開始されます。消泡剤で胃の中の泡はほとんどなくなっている状態ですので画像がわかりやすく、病巣部を詳細にみたり、調べたりすることができます。まさにこの液体におかげで人類が助かっていると言っても過言ではないです。胃の中は常に胃粘膜や胃酸が混ざりあった状態ですので泡が発生しています。

この泡をどのように取り除くかが問題になっていたのです。まさに消泡剤のおかげですが、くだんのように無色無臭でおいしくないため、最近では甘味のあるものが登場してきました。さらに香りを加えたものまで開発されましたので、昔のように吐いたりする方がいなくなったのです。このように医療現場で必要とされていますので、まさに縁の下の力持ちです。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*