消泡剤についてのいろいろ

消泡剤とは液体に発生する泡を抑える薬剤や添加剤のことです。つまり泡があったり残ったりすると不都合になりますので使います。消泡剤は縁の下の力持ちであり、いろいろなところで役立っています。豆腐を作る過程で発生で気泡(泡)が発生すると豆腐の形が崩れます。

そのため泡を消すために使っています。人体には影響のないものを使っていますので安心して食することができます。形が崩れてしまうと商品になりませんから、ほとんどの豆腐に使っていると言っても過言ではないでしょう。ここで使う消泡剤はコストが安いので使う側にとっては不可欠です。

毎日豆腐を食べているからといって人体に蓄積することはないので心配しないでください。医療の現場で使われており、胃カメラを飲む前に無色無臭の液体をコップで飲まれた方がほとんどでしょう。胃の内部は胃酸などの粘着性物で気泡が常に発生しています。気泡が存在すると鮮明な画像を撮ることができません。

そのために気泡を消すことで鮮明な画像を見ることができるようになります。これも人体には無害ですので安心して胃カメラを受けることができます。最近では化学合成でコストをかなり抑えた消泡剤がいく種類もあります。味もやや甘味のあるものも登場し、飲みやすくなっています。

中にはフルーティーなものも最近登場するようになりました。なかなか見る機会がない消泡剤はわれわれに役立っているのです。まだまだたくさんありますので自分で見つけてみるのも楽しいです。消泡剤のことならこちら

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*