消泡剤にはいくつか種類があります

消泡剤にはいろいろな種類があり、オイルや界面活性剤、エマルションや特殊タイプなどがあります。それぞれ異なる特徴があり、オイルタイプは鉱物油の油性物質を成分にしたものです。水系液体に対し消泡効果があり、液体表面にできた泡をスピーディに消すことができます。即効性に優れていますが、油性物質が成分になるので大量に川などに流出した場合、環境への影響が感がられます。

界面活性剤タイプの場合、油性物質を主成分としていて、消泡効果を持つ界面活性剤を含んだものです。界面活性剤は石鹸などの洗剤に使われており、泡が立つイメージが強いですが界面活性剤はいろいろな種類があり異なる性質があります。界面活性剤において消泡性能を示す成分を使ったものが界面活性剤で、界面活性剤タイプの消泡剤は貯蔵安定性に優れており、長期保存することが可能です。エマルションタイプの場合、消泡成分を水に乳化し分散させたものです。

消泡成分は水に分散させているので、使用時の水における拡散性に優れています。このタイプは貯蔵安定性に難点があり、長期保存をする場合変質や分離などによって消泡性能に影響があるケースが多いです。変質を抑えるには直射日光を避けたり、冷暗所で保管することになります。シリコーンやシリカなどを配合した特殊タイプもあり、シリコーンやシリカは塗装する際製品に付着するとハジキの原因にもなるので注意が必要です。

発泡状態や使用場所によって、最適な消泡剤の種類を選択することが求められます。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*