消泡剤の特徴をご紹介します

消泡剤は液体に発生する泡を消す力があり、液体に他の液体を混ぜた際に泡が発生することが多いです。これを抑えるために使用されており、破泡性と抑泡性の作用があります。前者はできた泡を壊す作用で、後者は泡ができることによって抑えるための作用になります。できているものを消すのは表面張力が小さな物質を泡に入れ、周囲の表面張力から消す仕組みです。

できていない泡を抑える際、できやすい場所に小さな物質が取り囲み、表面バランスを崩すことによってできにくくなります。液体の中に少しだけ消泡剤を入れると、できにくい状態になります。消泡剤にはいくつか種類があり、オイルタイプや界面活性剤、エマルションなどが有名です。オイルタイプは水系液体に有効的で、即効性もあります。

油性物質を原料にしており、表面にできたものを消したい時に利用することが可能です。すぐに消すことは得意で、長くその状態を維持することはできません。油でできているので川に流出した場合、環境破壊に繋がるケースもあるので注意が必要です。界面活性剤は油性物質が主原料で、保存に優れています。

長く使えるメリットがあり、石鹸などにも使われるケースが多いです。界面活性剤なので使い方によって泡立つこともありますが、使い方や量などをきちんと守って使うとできることはありません。エマルションタイプは水に消泡成分を入れたタイプで、消泡成分を水に入れると拡散性に優れています。食品では豆腐を滑らかに仕上げるため、製造過程でできるものを除去するのに消泡剤を使用します。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*