食品製造に欠かせない消泡剤

食品製造において消泡剤はとても重要な働きをしています。お料理をする人ならわかるように材料を混ぜると泡が出てしまいます。卵や生クリームなら泡が出た方が良いですが、それ以外の場合は泡は望ましいものではありません。その泡を消すためのものが消泡剤です。

消泡剤で生地の中の泡を消すことができるので、なめらかな食感にすることが可能です。例えばプリンや茶碗蒸しなどもそうです。家庭で作る場合は最後に泡をお箸などで消します。しかし業務用の場合にはそうはいきません。

美味しく作るためにはこうしたひと手間は不可欠です。細かな点ですが、売り上げにも大きく影響を与えます。確かに撹拌作業で気泡が発生することは避けられません。人が特定のものを美味しいと感じるメカニズムは謎に包まれています。

しかも味だけが要素ではありません。食感や歯ごたえなども重要な点です。いくら塩分や脂肪分のバランスが良くても、口当たりが悪いなら美味しいと感じません。食べることは人の喜びの一つです。

猫や犬などの動物も食いしん坊ですが、毎日同じエサでも美味しそうに食べています。人間はそういうわけには行きません。毎日同じ食品が出てきたら、飽きてしまいます。地球上に異なる果物や野菜があるのはそのためです。

自然の恵みに感謝するべきでありそれは当たり前ではありません。食べる喜びがないなら毎日が退屈になることでしょう。もちろん健康のために十分な配慮は必要です。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*