消泡剤のメリットとデメリット

私たちは普段生活する分にはあまり意識することがない「泡」は、実はよい面と悪い面の両方を持ち合わせています。例えばメリットのある例としては、シャンプーをするときに泡立ちが良い方が、しっかりと髪の毛を洗うことができます。手洗いや食器を洗浄するときに使用する洗浄についても、一般的には泡立ちが良い方が洗浄効果が高いため、重宝されます。このように、私たちの一般生活においては泡は役にたったり、生活を豊かなものにしているケースが多いです。

一方で、産業の分野ではこの泡はデメリットとなるケースが多々あります。例えば、お豆腐を製造している豆腐屋さんでは、普通に豆腐を製造していると非常に多くの泡が発生してしまいます。この泡を放置すると、見た目が悪くあまり売れなくなってしまいます。それだけではありません。

泡が沢山あるということは、それだけ空気を多く含んでいるということですから、日持ちが悪くなり腐りやすくなってしまうというデメリットがあります。また、工業系の製品を製造している工場でも泡は厄介な問題となっているケースが多々あります。モーターなどで泡が発生してしまうと、故障の原因となってしまうケースがあるからです。このように場合によっては厄介な泡を消す一番の方法は消泡剤を使用することです。

この消泡剤は、豆腐に使用するものであれば、食品添加物ですので安全性も問題なく使用できます。工場などでは泡を早く消すことができますので、生産性が向上します。このように消泡剤は様々なメリットがあるのです。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*