多くの食品に使われている消泡剤

消泡剤は読んで字のごとく泡を消すもので、食品を加工する過程で発生する泡を発生させないようにするためのものです。多くの食品の中に入っており、最も入っているのがわかりやすい食べ物が豆腐でしょう。もちろん豆腐と同じような食感のプリン、ぜリーなどにも入っていますし、缶コーヒー、ジャム、アイスクリーム、ヨーグルトなどにも入っています。豆腐は高野豆腐や手作り豆腐でない限り、工場で作られた豆腐にはほとんど入っていると考えていいでしょう。

というのも大豆にはサポニンという泡を発生させる成分が入っています。サポニンは抗酸化作用もあるので体に嬉しい作用もあるのですが、豆腐を作る過程では泡を発生する厄介者ですし、泡だらけの豆腐は口当たりも悪くなりますし腐りやすくもなります。豆腐の原材料名を見ると消泡剤、あるいはシリコーンと書いてあったりなかったりしますが、表記をしてもしなくてもいい加工助剤ですので書いてあるもの、ないもののばらつきがあるのです。シリコーンというとシリコンと名前が似ているので、同じなのではと思うかもしれません。

しかしシリコンはケイ素のことですが、シリコーンはケイ素を基にしてつくられた人口化合物とされています。添加物が少しでも入っているのが気になる人からすれば口にして大丈夫かと思うかもしれません。しかし添加物の中でも消泡剤の歴史は古いとされていますし、微量であれば問題はないといわれているのであまり神経質になる必要はないでしょう。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*