工業から食品まで幅広く使われる消泡剤

製品作りをする企業にとって最も大事なことは、購入してくれた顧客に商品が無事に届くことです。商品が無事に届くための条件となるのが耐久性ですが、製品作りにおいて最も注意事項に入っているのが泡になります。泡は水分の中にある空気が膨張し、表面張力によって膜になったものです。この膜の厄介なところは時間がたつ問われることであり、一瞬とはいえ割れた瞬間に膨れ上がる力によって空洞が生まれます。

この空洞が生まれた瞬間に材料を固めてしまうと、その空洞によって耐久性が著しく落ちてしまうのです。泡が発生する要因としてはかき混ぜるもしくは加熱することで発生するため、工業製品そして食品問わずに関係します。そこで製品作りをする企業の多くが、その泡対策として用いているのが消泡剤です。消泡剤はリンを主原料にした添加物であり、表面張力に作用して破裂させる効能があります。

この消泡剤を加えるメリットとしては、これまで手作業でつぶしていた泡をかき混ぜるだけで消せることです。泡の厄介なところは目に見える大きな泡だけでなく、液体に溶け込んでいる小さいものも存在します。小さいものは手作業でつぶすのが難しいため、消泡剤ができる前はわかっていても放置せざるを得なかったのです。しかし小さい泡も消える時に影響があるので、そこで消泡剤を使うことで大腸問わずに消すことができます。

特に豆腐のような柔らかい食品においては、見た目をよくする効果も発揮するのです。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*