消泡剤の使い方と作用とは?

消泡剤を使うときは、ごく僅かな量を添加します。全体になじませることで気泡を破壊して数を減らすことが可能です。気泡は液体の中で、気体に均一な表面張力が働き、球状のカプセルになります。表面聴力の均衡が保たれている間は、壊れることがありません。

棒などでかき混ぜるなど外的に破壊しようと思っても、小さな物はかなり強く水面に上がっても壊れないことがあります。気泡を破壊する作用は大きく分けて3つです。一つは局所的に圧力の弱い部分を作って均衡を崩す方法です。親水性と疎水性が混在している消炎剤は、気泡の表面に付くことで水を弾く作用と馴染む作用が同時に起こり、均衡を崩すことができます。

これを破泡作用と言います。泡が水面に上がったときに薄膜を作る工程を邪魔して作らせないようにするのが抑泡作用です。表面張力の均衡を全体的に低下させて壊れやすくするもので、粘性の少ない液体に有効です。泡が必ず水面に上がってこないと成立しないため、効率的な処理ができるかどうかは、液体の性状によります。

脱気作用は複数の泡をつなぎ合わせる過程で破壊する方法です。泡同士がひっつく際にその接点に消泡剤がひっつき、大きな気泡にしないまま水面に上昇させます。体積が大きくなった泡は速く上昇し、不安定な状態のまま空気にさらされることになります。雪だるまのような形状は、均一な圧力分布ではないため、簡単に破壊が発生します。

これが消泡剤が泡を消す作用です。消泡剤のことならこちら

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*