消泡剤が用いられる様々な場面

消泡剤は文字通り泡を消すためのもので、色々な場面で使用されます。液体を使用する工業だとその液体が泡となることで、容器からあふれ出てしまう恐れがあります。工業だと人体に危険となる液体を使用することは珍しくなく、それが泡となってあふれると、事故に発展しかねません。その事故を未然に防ぐ目的として、消泡剤が使用されます。

また工業で泡が発生するパターンは、あふれるだけではありません。工業では機械など熱を発生させるものが多く、安全に稼働させるためには冷却が必要です。けれど内部に空気を含んでいると、熱を移動させる妨げとなり、それが冷却機能を低下させます。さらに大量にできた泡は、音を発生させることもあります。

そういった問題は、消泡剤を使用すれば解決できます。またそれと同じことが、食品業界にも起こる可能性があります。泡立ちやすい食材を攪拌すると、容器からあふれます。そうすると食材そのものがもったいないことになる上に、衛生的にも良くありません。

そして泡は食材の量を計測する際の妨げになります。液体の量を測るときは体積を見ますが、泡は内部に空気を含むため、液体だけの体積を表示することができません。その空気を含んだ上での計測は、現実的ではないです。そのため泡がなった状態で計測しなければなりませんが、粘度の高い液体だと泡はそう簡単には消えてくれません。

そこで効率的に泡を消し、量を把握しやすくするために消泡剤が用いられます。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*