豆腐作りに欠かせない消泡剤

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

現代は健康ブームであると言えます。日本ではエクササイズやヨガなどが流行しており、ダイエットを実践して健康を維持する人が多くなってます。ダイエットにおいては運動も大事ですが、食事面でも気を配らなければいけません。できるだけローカロリーで、体に良く食物繊維を豊富に含んだものをとることが大事です。

ダイエット中にはミネラルも減少するので食事を良く考慮して摂取しなければなりません。そこでおすすめなのが、豆腐を健康維持に用いることです。豆腐は大豆を主成分としているので、良質なたんぱく質とミネラル、食物繊維を豊富に含んでいます。さらにとうふはローカロリーで糖質を気にせずたくさん食べることが可能でありダイエットに最適の食材と言えます。

豆腐は日本だけではなく、世界でもヘルシー食品として人気となってます。豆腐とは大豆とにがりで作られます。しかし大豆のサポニンが水と混ざると気泡しやすく、舌触りを悪くします。奇異方が多い豆腐は腐りやすく日持ちが悪くなるというデメリットもあります。

そこで豆腐作りには添加物の消泡剤が用いられます。表面張力を消泡剤が引っ張って泡をつぶすことで、気泡の無い滑らかな舌触りの日持ちするとうふを作ることが実現します。加工品である消泡剤を用いた豆腐を食べると、健康維持に悪影響を及ぼしたりダイエットに弊害がもたらされると考える人もいるでしょう。しかしとうふに使われるシリコーン系や有機系の消泡剤は豆腐に混ざっても成分が残らず、人体や健康を脅かすことはなく安心して食べることが可能です。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*