消泡剤はいろいろなところに使われている

消泡剤は泡を消す薬品で、身近な製品に使われており、例えば、ペンのインクでは、空気が張ってしまっていると連続して書くことができません。製品としては不良品で、泡を取り除く製造工程が必要です。消泡剤に求められるよう県は、アルコール成分の泡を消すものが必要で、インクの品質を損なわない液体が重要です。まちがった消泡剤を使うと、インクの色が劣化してしまう可能性があります。

次に日常でよく使われる紙の製造工程の紹介です。紙は水を使ってこして固めて作るため、水に泡があると繊維が崩れて見た目が悪くなります。消泡剤が必要で、シミにならないようなものが必要です。このように泡ができて困る製品には消泡工程というのが取り入れられています。

消泡剤を添加して泡を取り除くためで、投入する量や種類の選定が重要となります。そもそも泡を消す原理としては、表面張力の力を使って泡をつぶしていくというものです。トライアルをしながら製造条件を決定することがポイントです。エマルジョンやアルコールなどいろいろな種類があり。

製造目的に応じて選ぶためにはメーカーに相談することが重要です。トライアルに立ち会ってもらいアドバイスをもらうことでスムースに立ち上がります。消泡設備によって種類が限定されることもあるのでトータルで確認することがポイントとなるのです。取り扱いは環境や人体にも影響があるのでルールを守らせることや保護具を徹底することが必要となります。

トラブルがないように使用する必要があるのです。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*