消泡剤の入っていない豆腐はあるのか

消泡剤を不使用としている豆腐などは存在するのでしょうか。あまり知られていないことですが、豆腐にはサポニンと呼ばれる成分が豊富に含まれており、サポニンから大量の泡が発生する仕組みです。泡を消すために消泡剤を使っているため、どうしても必要なものとなってしまいます。泡が消えることによって、みっちりとした密度のあるおいしい豆腐が出来上がるわけです。

消泡剤の中で最も多く使用されているのは、シリコーン系です。オイル型で即効性があることから、多くの豆腐店で使用されています。使用することで即効性があり、安定した品質の物を作ることが可能です。もう一つの種類とされているのは、グリセリン脂肪酸エステルです。

油脂から出た脂肪酸とグリセリンを合わせている成分で、防腐効果があることから日本国内で多数の豆腐に使用されています。特に激安価格で販売されている充填豆腐と呼ばれている物に関しては、ほぼ100パーセント使用されているのがポイントです。基本的にどちらの成分も安全とされていますが、できたらあまり添加物を取りたくないという人は、消泡剤不使用と書かれている物を選ぶと安心できるでしょう。実際に販売されている豆腐の中には添加物として消泡剤を含んでいないものもあるため、購入する前に確認してから買うことが重要です。

インターネット通販サイトで販売していることもあるため、もし身近なスーパーマーケットなどにない場合は、選択肢の一つとしてください。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*