消泡剤は使い分けることで作業の効率が上がる

油を含んだ製品の製造で発泡現象が起きてしまい、作業が上手く進まない状態が続いている時に活用したいのが、泡の発生を防ぐために使われる消泡剤です。泡膜の表面張力を低下させることで発泡現象を防げるという点が注目されており、オイル型や溶液型など複数のタイプが存在します。油性の発泡現象に対して効果的なのはシリコーン系の消泡剤ですが、同じシリコーン系でも用途に合わせて選ばなければ、泡を消す効果を十分に実感できない可能性もあるので気をつけてください。複数あるシリコーン系の消泡剤の中でも、代表的なものとして扱われているのがオイル型です。

溶剤や添加剤を含まずにシリコーンオイルだけを使ったもので、溶剤が反応することでトラブルが起こらないか心配な時に役立ちます。油性の発泡を抑える効果の高さで注目されているのが溶液型で、局所的な表面張力が低下するのが便利です。汎用性の高さで選びたいのならエマルジョン型がおすすめで、食品添加用や排水処理用など多くの用途で活躍してくれます。水性発泡液に対して効果的なものを求めているのならオイルコンパウンド型が最適で、シリコーンオイルにシリカ粉を配合することで汎用性を高めているのが特徴です。

エマルジョン型は脱気性でも優れていますが、長期保存に向いていないのがデメリットだと言われています。消泡剤は直射日光の当たらない場所で保管することが重要で、保管方法を間違えるだけで効果が大きく落ちるのは気を付けたい点です。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*