消泡剤の正しい使い方

製造施設で利用される液体を見ると泡が立っていることに気が付きます。あまり気にしないでそのままにしておくと、品質上の問題や配管のトラブルに発展する恐れがあります。例えば泡が入った状態で液体を固めてしまうと空洞ができて強度が不足したり、見た目が悪くありません。排水や給水をするときに泡がたっているとその分液体の量が減ってしまったり、ガスが発生して管内を損傷してしまう恐れもあります。

そのようなトラブルを回避するのが消泡剤の役目です。消泡剤を液体に入れると泡の表面に付着して、破壊することができます。これは表面張力で維持された膜の均衡を崩すことで破裂させる働きによるものです。この他に抑制作用として発生させないようにする働きもあります。

液体の表面に出てくる気泡が膜を貼る前に壊してしまう方法です。界面活性剤でできている薄膜に入り込むことで均衡を崩してしまいます。これによって泡になる前に抑制することが可能です。消泡剤の破壊作用だけではすべての気泡を消すことは難しいのが現実です。

そこで脱気作用で液体内の気体をまとめて上昇させる方法が使われます。まとまった気泡を球状にならないように制御しながら表面に出すと破裂してしまいます。このように3つの作用を組み合わせて消泡が可能です。消泡剤を入れるタイミングはなるべく早い段階が望ましく、効果が期待できる間に利用や排水を終わらせることが重要です。

使用する量はできるだけ少ない方ことが理想となります。消泡剤のことならこちら

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*