消泡剤とは何かについて

「消泡剤」とは、液体に泡ができるのを防ぐために、また、できた泡を消すために添加する添加物のことです。さまざまな製品の製造工程で製品自体または製造工程にとって、泡が残ると不都合である場合に用いられ、身近なものとしては食品の製造工程や化粧品、排水処理などに使用されています。泡を無くすためには、すでに出来ているものを消すこととこれからできようとしているものの発生を抑えることの二つの働きが必要になってきます。すでに出来ているものを消す原理は、表面張力の小さい物質を泡の中に送り込んで周囲の高い表面張力に引っ張らせて泡を消すことです、一方、これから出来ようとするものを抑える原理は泡が出来ようとしている部分を表面張力の小さい物質が取り囲み、アンバランスな表面張力により泡ができなくなることです。

消泡剤には「シリコーン系」と「有機系消泡剤である界面活性剤やポリエーテル、高級アルコール」などの種類が挙げられます。シリコーン系はタイプや特性、用途によってオイル型や溶液型、オイルコンパウンド型やエマルジョン型、自己乳化型に分かれており、水性や油や溶液などの非水性両方の発泡液で消泡力を発揮するなど、もっとも汎用的なもので、食品添加物用や排水処理用などさまざまな用途に適合する製品です。一般的に知られているものは、食品の豆腐であり、これはシリコーン系のものです。一方、有機系消泡剤である界面活性剤やポリエーテル、高級アルコール系のものは、水性の発泡液にて、強い消泡力を持ちます。

消泡剤は、製品や商品ととって必要なものであり、身体に害は無いとされているので心配不要なものです。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*