塗料用として使われている消泡剤のメリットとは

工場で塗料を用いて塗装作業をしたり、塗料その物を商品用で製造しているメーカーでも消泡剤は必需品として使っていることが目立ちます。塗料はある程度の粘度のある液体に近い状態ですが製造段階で泡が入り込んでしまうことがあり、気泡を含めて泡対策を行う際に非常に役立つ添加物になります。もしも消泡剤を使わずにそのまま塗料を工場内で使用してしまうと、塗装の対象物にはムラが発生してしまい均一に塗装することができないことがあります。工場では大量生産を軸にしていることで、自動化した塗装システムを採用している会社もありますが、各ノズルの中に泡が混入している状態では必ず不良品が出てしまいます。

完成した製品をそのまま取り引き先へと出荷をした場合、不良品が出ていると会社は信用度を失ってしまうことになり、仕事を受注することが困難になるデメリットがあります。この問題を回避するためにも必需品として利用されており、常に高品質な塗料と塗装を使うことができることで会社の名を汚さずに仕事を受注し続けることができます。消泡剤は豊富な種類がありますが、塗料用で使える種類も豊富にあるので自社製品に適合する種類を使うことも重要です。塗料自体を商品として販売するメーカーでも、缶を開けたら泡だらけという状態では使う側にとっては不便を感じてしまい当然ながらリピーターが現れることは無くなります。

塗料の場合は均一で綺麗に塗装が行えることは大前提なので、添加剤を使うことに関してはメリットしかありません。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*