消泡剤の仕組みを解説

消泡剤とは、対象の液に少しだけ加えることにより、発泡を抑えることができるものです。発泡は、液体が薄い膜になって空気包みます。生成される原因は表面張力や粘性とされています。ですので、消泡剤は表面を部分的に均衡な状態を崩し、不安定化させることができます。

消泡剤には様々種類があります。オイルタイプは、鉱物油などに消泡成分を分散させたものです。この消泡剤は、表面の泡を速やかに破泡させたい時に使われることが多いです。熱に強く高温で使用できる上に非常に安価です。

即効性もあるのですが、デメリットとして持続性が弱いことが挙げられます。また、油性がかなり強いので油浮きしてしまう可能性もあります。したがって排水用では河川などで問題になる恐れがあるため、使用には注意が必要です。エマルションタイプは、消泡成分である高級アルコールやエステルなどを水に乳化して分散させたものです。

このタイプはオイルインウォータータイプと呼ばれ、消泡成分を水中に乳化分散させています。被消泡液への分散性に優れており、サイズが変化するなどの影響も比較的少ないです。また、脱気性にも優れているのでよく使用されます。しかし、貯蔵条件に制約があるため、長期間保存すると粘り気が増加したり、分離により消泡性能が損なわれることもあります。

ですので、品質が劣化することを防ぐために直射日光の当たらない屋内での保管が必要になります。その他には活性剤タイプもあります。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*