消泡剤の特徴やメリットとは

消泡剤は発泡液の発泡を抑えることを目的としている添加物であら。泡が残ると不都合な製品の製造工程で使われることが大半です。豆腐の製造工程で使用されることもあれば、掃除で使われる種類の消泡剤もありかなり幅広い用途で使われています。一口に消泡剤といっても様々であり、適しているものを見極めて使うことがポイントです。

大きく分けるとシリコーン系と鉱物油系、ポリエーテル系の三種類があり、これらに界面活性剤や疎水性粒子などを組み合わせています。シリコーン系のものは安全性が高いことやあらゆる泡への抑泡の効果があることから身近であり、食品や洗剤などの日用品はもちろんのこと工業分野や排水処理など、様々なシーンで利用されています。食品用としてはシリコーンオイル百パーセントで構成されたノンシリカタイプのオイル型を使用し、一般工業用や排水処理の場合には取り扱いが簡単であり、あらゆる水系発砲液に使用可能なエマルジョンタイプが使われることが一般的です。種類による違いだけではなく、メーカーによって扱っている商品の成分や含有量にも違いがあるので、しっかり比較してから決めることが大切です。

もちろん料金も様々ですが、あまりに安価なものは成分がイマイチで効果があまり期待できない場合もあるので気を付けましょう。豊富な選択肢が存在しているからこそ、複数のアイテムを比較して用途に合っていて信頼できるメーカーを選ぶことが大切です。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*