お腹の張りに効く薬に入っている消泡剤

お腹の張りがきつくそれを解消するために市販薬などを飲む人も多いかもしれません。一般的にお腹の張りは腹部膨満感とも呼ばれていますが、この原因とされているものは、腸内にガスがたまることが挙げられます。腸に溜まったガスは消泡剤が配合されている市販薬で解消することが可能です。お腹の張りに効く市販薬には多くの場合この消泡剤が含まれていて、その他にも腸内環境を改善するための成分が配合されているのがひとつの特徴です。

消泡剤とは腸内に溜まっているガスに直接働きかけることができる成分の一つです。市販薬においてはジメチルポリシロキサンと呼ばれる名称で表示がなされています。このジメチルポリシロキサンは、病院で処方される医療用の薬にあたるガスコンの主成分としても知られているものです。腸内環境が乱れると腸にはガスが溜まることにもなります。

消泡剤と成長成分が配合されている市販薬の場合には、直接腸に溜まったガスに作用することとなり、ガスを発生させる原因になる腸内環境を改善することにも繋がります。一般的にお腹の張りの主な原因は腸内に溜まったガスとされていますが、場合によってはそれ以外の原因が潜んでいる可能性もあります。胃の運動機能が低下することによって発生する場合もあり、胃もたれや胃の不快感などが生じている場合には、こちらが原因である可能性が高いです。突然お腹がパンパンに張ってしまったり、激しい腹痛で息苦しさを伴うようなことがあれば、病院を受診することが大切です。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*