環境に合わせて使用される消泡剤

消泡剤は発泡を抑える作用を持ち、対象に対して添加して使用されます。対象が起こす発泡を抑えるためのものであり、消泡剤は泡膜の表面に作用して不安定化させ、発泡を抑えます。消泡剤は基本的に破泡性と抑泡性の2種類に分けられ、対象などによって使い分けられているのも特徴でしょう。破泡性は泡の表面にできた膜を破って破壊する作用を持ち、一方で抑泡性はその発生自体を抑えることができます。

表面張力が小さいシリコーン消泡剤なども使用されることが多く、通常のものに比べて少量の添加で作用するなどのメリットを持っています。一口にシリコーン消泡剤とまとめてもその種類は多く、シリコーンオイル、オイルコンパウンド、溶液などが例として上げられるでしょう。エマルジョンや粉末と固形の特殊形状、自己乳化などもシリコーンの品種です。一般的には対象の属性によって使い分けられるのが通例で、油性ならオイルとオイルコンパウンド、溶液が使用されます。

水性の場合に使われる代表的な型はエマルジョンでしょう。これらに加えて使いやすい粉末状や固形状に加工されたものもあり、環境や対象の属性などを配慮して使い分けることができます。また、高温下や強アルカリ性が強い条件下においては自己乳化型のシリコーンが使われています。自己乳化型の場合、エマルジョンタイプでは破壊されてしまうほど強い撹拌が行われる環境においても使用可能です。

環境によって添加する量や種類は変わってきます。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*