消泡剤のメカニズムについて

消泡剤とは気泡(泡)の発生を抑えにくくする添加剤であり、いろいろな用途に使われています。使う目的によって少量添加しています。日常生活において必要不可欠なものであり、医療の現場や食品、日用雑貨などに添加してあります。気泡を消したり、発生を抑えにくくしますからそのなりの働きがあります。

消泡剤は乳白色、やや透明、淡い黄色などをしており、成分は主に高級アルコールと呼ばれる石鹸と同じものを含んでいます。そのため泡の表面張力の働きを弱めます。表面張力が緩んでくると球状のかたちが壊れてしまいます。これがいわゆる球状をつぶす、つまり発生を抑えることになります。

表面張力に働きかけることで不安定にさせるのです。消泡剤は石鹸と同じような構造をしていますから水に結合しやすい部位(親水性)と、油に結合しやすい部位((疎水性)が目的とする物の親水性部位と疎水性部位にそれぞれつながり、気泡表面と結合することにより気泡を分離させていくのです。以上のようなことから消泡剤の微量な添加により、それぞれの目的が果たされます。消泡剤はオイルタイプと活性剤タイプに分けることができます。

オイルタイプは即効性はありますが持続性がないため短期間のものに使われます。一方で活性剤タイプは即効性はないですが持続性がありますので、排水による気泡発生に使っています。排水の気泡は悪臭がありますので下水道施設でよく使われています。環境問題を考える1つに下水道施設のことを紹介することが多いです。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*