法律の問題に関して、一般的にうといのが現実ですが、身の回りには法律にまつわる難しい問題が多いです。たとえば、相続の問題などは、いくら少額であってももめることが多く、遺言書の作り方など一般的にわかりません、近所との騒音トラブルやゴミ問題、自身の離婚問題、借金返済の問題など尽きるものがありません。こうした法律の問題を解決するには、まずは弁護士の無料相談を利用してみるのもいいです。この無料相談には、二つ種類があり、公共機関が費用をだして行うものと、弁護士自身は自分の得意分野、たとえば債務整理、遺言書のアドバイス、交通事故賠償問題などを無料で法律相談おこなうものがあります。

やはり相談したら、弁護士だから費用がいるのではと思う方は、まず公共機関主催のもので対応するのも方法です。ここでのいいところは、様々な問題を法律相談できるのでいいですし、公共なので費用は絶対要りませんが、予約の応募が多くで取れないこともあり、どうしても広く浅い法律相談になります。一方は、弁護士独自の相談ですが、これが相談事項が多岐に渡らず、ある程度決まっているときたとえば債務整理や交通事故示談などの場合にはいいですし、詳しく行ってくれますが、その具体的な解決に着手する場合に手数料が発生しますので、相談の中でどのあたり着手と解されて手数料を請求されるかが問題です。このように弁護士の無料相談をする際には、相談内容についてよく検討して自身の目的にあったものを選ぶといいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です