弁護士に法律相談をするという場合、無料相談に応じているところでも、時間制限が設けられていることがあります。短時間で弁護士に相談する際にコツとしては、法律相談を必要とする本人が相談に出向くようにしましょう。問題の経緯など、本人だけが知っているということもたくさんありますので、適切なアドバイスを受けたいという場合には、本人が相談するべきでしょう。次に、相談に行く際には相談するに至った問題に関係する書類や資料は細かなものでも持参するようにします。

必要な書類が揃っていなかったために、再度弁護士事務所に出向く必要があるということを避けるためにも大切なことです。書類を確認することにより、行うべき手続きなどが分かる場合もあります。持参した書類については、直接書き込みなどをしないように丁寧に扱うようにしましょう。なお、弁護士にアドバイスを求めたいのであれば、事実を正確に話すようにしましょう。

自分に不利になるようなことは隠したいと感じるかもしれませんが、後々のことを考えると、事実を伝えることは非常に大切です。また、取るに足らない程度の些細なことと思っても、重要な事もありますので、関係することはしっかりと話すようにすることが大切になります。相談に行く前には、相談したいことや問題点などをメモにしておくと、聞き忘れや勘違いなどを防ぐことが出来ますし、効率よく相談することが出来ますので、おすすめすることが出来ます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です