借金を返せなくて困っているときには、弁護士に相談してみましょう。借金の整理を行うことを債務整理と言い、その人の借金の状況に合わせて、家族や職場に知られずに借金を減額したり、裁判を行うことで借金自体をなくしてしまうなど、様々な整理方法があります。この債務整理は自分で行うことも可能ですが、資料を集めるのに時間がかかったり、債権者との話し合いが不利に終わってしまう可能性があります。そのため、弁護士か司法書士にお任せしてしまう人がほとんどです。

「どちらも債務整理を依頼できるなら、弁護士はいろいろ難しそうだし、司法書士に頼もう」と思われる人も多いのですが、借金の金額が多い時には司法書士では対応できないケースがあります。法律により、借金や過払い金の合計が140万円以上の場合には、司法書士には債務整理を頼むことができなくなってしまうのです。それならば、最初から弁護士に債務整理を頼んでしまう方が簡単です。「借金があることを話すのは恥ずかしい」と思うかもしれませんが、弁護士には相談の内容を他人に話してはいけないという義務があります。

また、何人もの人の借金の相談に乗ってきたプロです。安心してお任せしましょう。近頃では初回は無料相談をしてくれるケースも増えています。家族や友人に話すことができず一人で悩んでいるなら、まずは無料相談を行ってみましょう。

今のあなたの状況に合わせた最善の方法を一緒に探してくれるはずです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です